進学も安心「教育ローン」

進学も安心「教育ローン」

大きな出費といえば、住宅や車の購入が思い浮かびますが、忘れてならないのが教育費です。「公立に通っても、子ども1人あたり大学卒業までに1000万円かかる」という話もあります。高額な教育費を賄うためにあるのが、教育ローンです。金融機関が個人を対象に貸付ける教育ローンが一般的です。「教育ローン」と銘打っているため、使途は教育費に限定されます。ただ、どこまでを教育費に含むかは金融機関によって差があります。入学金・授業料に限定されているローンは少数で、一般的には受験料、教科書や学用品、1人暮らしのための家賃など諸費用も含まれています。銀行の教育ローンは、総量規制の適用外なので年収の3分の1を超えた高額な融資も可能です。一方で、審査が厳しく借りづらい側面もあります。ノンバンクの教育ローンは借りやすさがメリットですが、金利が高めなので注意が必要です。
もう1つ検討していただきたいのが、国による教育ローンです。低金利で上限300万円の一括貸付を行っています。母子家庭や低所得の世帯向けの金利も設定されています。これらの教育ローンは、借主や申請者が学生の保護者です。学生本人が申請するものには、奨学金があります。保護者が連帯保証人になり、無利子または低金利で融資を受けられます。さまざまな方法があるので、卒業後の負担を考えて利用してください。